2020年4月24日(金) withコロナの状況について考え合う 人権教育研修

 

職員研修を実施しました。学校再開に備え、コロナ対応の人権教育をどう進めていくか、「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」のテーマの研修です。

 

コロナには、病気そのもの(第1の感染症)、不安と恐れ(第2の感染症)、嫌悪・偏見・差別(第3の感染症)があるとの資料や、他県で登校を拒まれた児童の事例をもとに話し合いました。

 

正しい知識を得ること、確かな情報を広めること、差別的な言動に同調しないこと等、我々自身がコロナへの姿勢を確かめながら、よりよいコロナ対応の人権教育を実施していきたいと気持ちを新たにしました。

 

新型コロナウイルス感染症対応という新たな局面における我々自身の人権意識を高め、第3の感染症を防ぐ教育ができるように考えていきます。

 

                    DSCN1743.JPG