2021年2月24日(水) 身近にある理科の世界⑭

理科がご専門の久保田 聡校長先生が紹介してくださる「身近にある理科の世界」の14回目が登場しましたのでご紹介いたします。

2020mijikarika141.jpg   2020mijikarika142.jpg

猫にマタタビ」とは有名なことわざですが、本物のマタタビが紹介されています。猫だけでなく、実は人が食べると、元気が出て「また旅ができる」というところから「マタタビ」になったようです。食べたことはありませんが、どんな味がするのでしょうか。

2020mijikarika143.png   2020mijikarika144.jpg

次は「海綿」という無脊椎動物です。その骨格を乾燥させたものが「スポンジ」と呼ばれているものです。普段、学校や家庭で使っているスポンジは人工的に作られたものですが、天然の海綿は、絵を描いたりする時に利用され、写真のような製品も紹介されています。

最後は、指先に力を入れているのに、ブルブルと震えてしまう不思議な現象について掲載されている本が紹介されています。

指を曲げると、指先を動かす腱がたるんでしまう現象が確かめられます。ヒトの体は不思議がたくさんあります。

身近にある理科の世界、次回も楽しみですね。

2020mijikarika145.png